介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、症状は比較的安定しているものの、長期間にわたって療養が必要な方、そして要介護度1から5の方が対象となっている入所施設です。
看護や、医学的管理のもとで、介護、医療を受けることができます。
療養病床型であり、老人痴呆疾患の方とわかれています。
医療制度の改新の一環としては、2011年までに介護保険適用の介護療養型医療施設は廃止され、医療保険適用の施設が大幅に削減されることとなりました。

入居者は、65歳以上、主に脳梗塞や慢性疾患の治療を必要される方となります。
また、要介護だと認定された方が対象となっています。
利用する方の平均出費額は、月額で約9万円から15万円程度です。
さらにそこに、居住費や食費、日常生活費がかかります。
事業主体は、地方自治体または医療法人となっています。

介護療養型医療施設では、医師や看護師、医療ソーシャルワーカーなどが働いています。
他にも、理学療法士、作業療法士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、介護職員、介護福祉士などがいます。
食事を提供する場面もありますし、薬を処方する場面もあるため、栄養士や薬剤師、臨床検査技師なども働かれています。
介護療養型医療施設で働いている方は様々です。
診療放射線技師や医療秘書、事務職員などもいます。
当サイトでは、介護療養型医療施設で働かれている方のお話を参考に、施設で働くにはどういった条件が必要なのか、情報を提供しています。


<特集>
介護療養型医療施設、いわゆる療養型病院小原病院のサイトです・・・療養型病院

Copyright © 2014 介護療養型医療施設で働くには All Rights Reserved.